サーバで使うゴールドディスクって

何よ、それ?という人が多いと思います。これは私が外資系金融機関で勤務していた時に勤務先が採用していた方式でシステムをリリースする際にOS領域のバックアップを取るのにNorton Ghost等のソフトウェア方式では時間が掛かるため時間短縮のためにとってい…

VDIのvSphere Client(Web込)インベントリ削除は注意が必要

非常にお久しぶりな更新です。 View5.xから6.2.3にアップデート作業のひとつにvShield EndPoint製品のアップデートがありました。これをアップデートした瞬間に発生したトラブルのひとつにvDSの接続に関するテーブルのデータ不整合があります。この症状によ…

今のお仕事

本職で色々とありまして自分の時間が作れずにいます。 状況ですがVDIは構築中のFlexPod(Cisco UCS/NetApp FAS8000系)のUCSがランダムReadが問題のないESXと比較して原因不明の半分程度低速しか出ず、NFSマウントなのでネゴシエーションかとおもいきやESX再起…

閑話休題

WindowsXP自体に作成したプッシュ型のプログラム配信VBScriptのWindows7対応とプログラム自体が5年前に書いたものなので、今見ると非常に下手な仕上がりなので再作成をしています。このため、数日間は更新ができない見込みです。 さて、その間をつなぐ為に1…

VDIテンプレート

VDIテンプレートのWindowsに関する設定関係ですが、正直どのようにまとめるか悩んでいたところがあります。 設定としては2種類、1つはコンピュータ(OS)に関する設定、もう一つはユーザプロファイルに関する設定です。OSに関しては実際に設定したりレジストリ…

低コストでも集約化を目指すには

9月10月とXX連勤で徹夜2~3日という不思議な勤務状況が続いているため更新の余裕がなかなかありませんでした。 VDIでは有能なベンダが付くか、ハイスペックな環境を用意できるかしないとトラブルを回避、というより切り分けが出来ずに頭を抱えるケースが多い…

カスタマイズ仕様マネージャのデプロイスクリプト

デプロイスクリプトですが、使い勝手の良い面と悪い面があります。 1.sysprepによりOS破損させてしまうアプリケーションがサイレントインストール 可能であればを標準展開する場合にsysprep後に実行されるデプロイスクリプトで 展開可能。(良い点)2.デプ…

VDIテンプレートについて

流石に3日で2連徹夜での作業があったため準備で時間が空いてしまいました。ブログ続ける人ってすごいですね、3日坊主体質なので息切れしそうです。 VDIテンプレートについてですが、正直なところ仮想サーバ以上に『会社による』と言ってよいでしょう。どのよ…

View6.2.3以降のゲストOS関して

先日View6.2.3にアップデートした後にVDIに関して気になっていることがあります。それは『アップデートしてからやけにメモリ使用率が高い(約120-30MBほど)』ことです。 気になってサービスを確認しましたところ、View5系と6系ではサービスの構成が変わって…

仮想化のサイジングに良いですね

ちょっと時間が空いてしまいましたが、いくつか連投したいと思います。 まずはサイジング関係ですが、これまでベンダにどの程度で見積依頼する際に必要台数に対する構築規模が見えず提示された金額と構成が妥当なのか判りにくいという問題が仮想サーバ環境以…

view 6以降へのアップデートメリットの追記

一つメリットが漏れていました。VMware社のKBでESX5からアップデートすることでIPMIによるアラートが無くなるそうですのでこれが頻発してESXが止まるような環境ではメリットがアルといえます。 個人的にはSSHを有効にしておいてPCから定期的にteraterm マク…

Horizon View5.xからView6.2.3もしくは7に上げる理由を探す

どうでもいいといわれると思いますが、プロフの画像をVMUG同様にNetworldさんのFlexPodのサイトのシス子から拝借。正直グッズがあるなら欲しいぐらいです。 www.networld.co.jp 素直にNetWorldさんから買えばよかった!と思いつつ、宣伝兼ねてリンクをペタペ…

データセンタやマシンルームの選び方

前回のゼータセンタの熱による障害事象に関してお話しさせて頂きましたが データセンタはどのように選んでいらっしゃいますか? 耐震機能、セキュリティ、ミサイルを撃ち込まれても大丈夫な建屋色々あると思います。 実は私も10年ほど前には某企業がラック単…

VDI環境のActive Directory

Horizon環境ではActive Directoryが必須であることは皆さんご存知だと思います。 DNS、認証、DHCP、MAKライセンス、自家証明書を利用する場合はCAと大活躍します。 立てるだけでOKなものについては、専門的に解説されているサイトを見て頂くとして今回はフォ…

データセンタの熱に関して

本日VMUGデスクトップ仮想部会でした。(と、いうわけで酔ってます) その中で興味深い話が1つ。参加企業の方でN社さんでGPUをHPのC7000に番号通りに搭載しGPUとしてnVidiaを搭載しCADを実行しているが、よくブルースクリーンで落ちる&交換すると治るとのこ…

bginfo

今日は今月の疲労が抜けていないので簡単な内容にさせてください。 先日紹介したbginfoですが、WMIやスクリプトに対応しています。Ipv4を優先してもIPv6が残っていたり、NICのレジストリが残っていることで(none)となる場合もありますが、WMIやIPv6表記を出…

VDIを早くするには『ネットワーク編』

。Windows7では社内LANで利用するのであればネットワーク関係も出来るだけ調整したほうが良いでしょう。 1.vNICでVMXNET3を選択している事。 E1000はESX5.1Up2で切断状態が発生するトラブルの報告だけでなくvExpert取得者のRickard Norbel氏のブログでの報…

VDIを早くするには『メモリ編』

Windows 7 Pro 32bitの使用する起動直後のメモリ使用率は特に何もチューニングを行わないと700-800MB程度は使用してしまいます。これを無駄なサービスと画面表示をさせないようにすると580MB程度まで減少させることができます。これは結果的に無駄なCPUリソ…

VDIを早くするには『HDD編』

いま利用しているパソコンを早くするにはどうしたらいいでしょうか?もちろんハードウェアを更新するのが非常に効果的ですが、お金を掛けられないもしくはパソコン自体がパーツ増設や交換が出来ない場合にどうしますか? VDIにおいても同じです。最低限のCPU…

仮想ハードウェア:ホットアド

『仮想ハードウェア:ホットアド』についてです。利用するのはサーバでしょ?と思うでしょうが、フルクローンの個人PCの展開も想定に入っている場合は、ホットアドは設定しておくほうが良いと思います。現職の環境では、稀に『Access2013がメモリ不足で動か…

VDIの作り方について

結局9/10から9/15までHorizon View環境のアップデートに掛かり切りになりそのまとめをVMUGデスクトップ仮想部会用に資料を作っていたのでここしばらく放置になっていました、すいません。 さて、『VDIの作り方について』というタイトルにしましたが単に作り…

シンクライアントの設定#2

今日予定していた作業が繰り上げとなったため、今日はこんな時間です。 シンクライアントの設定で一つ忘れていたので追記しますとWindows XP Embedded時代はCtrl+ALT+Delを押すとそのままリダイレクトできましたが、Windows Embedded 7になってからセキュリ…

将来的なVDIについて考えて(妄想)してみる

9/10(土)から実施していたHorizon View5.xの6.23化作業でESXアップデート以外見事に全ての工程でトラブって2徹+α状態だったので更新できませんでした。そして今も思い出すだけの気力がないので、妄想だけしてみたいと思います。 まず1つ目、先日触れたNested…

アクセスありがとうございます。

9月から始めてVMware製品の中でもVDIのみというドM縛りなブログですが 10日で130アクセスになりました、ありがとうございます 実は会社でVDI増設用にFlexPodを追加するプロジェクトとDWH2セット同時システム更新とインフラ用件だけですが、XXシステムのリプ…

Horizon View 5.xのみのトラブル集ート?

今日は会社のHorizonを5.xから6.x系へあげるためのvCenter更新作業を実施します。7系には2段階アップするのも手間掛かりすぎるので、小数点以下のアップデートなしは運用上不安要素が大きいため計画からはずしました。 なんとなく5系サヨナラ企画的に5系だか…

Composerを利用しないフルクローンVDIの共有PCには注意が必要

Horizonは別投稿でも書いた通りComposerを利用することが前提で設計されてます。この影響でフルクローンVDIの流動プール(共有PC)では本来使えなければならない1つの機能が利用できません。 それはView Administratorの流動プールの設定項目の一つで帰宅時シ…

システムタイムは非常に重要

システムタイムは非常に重要です。そんなの当たり前だのクラッカーって? そう思う時点でまだ甘く見ています。 仮想環境ではCPUの占有率の関係からActive Directoryのドメインコントローラを立てる場合にはNTP参照実行を増やすか物理サーバを最低1台は作るか…

閑話休題(のネタメモ)

ネステッドESXの紹介を見たことがあり、その際に技術的な意義はあるが使い道なんかあるんかいな?と思って頭から消し去っていました。 次回あたりでこの利用方法の構想に至っていない妄想的を書きたいと思います。(という、ネタメモです)

Connection Serverの内部ロジックについて

私もConnectionServer自体のプログラムを解析しているわけではありませんし動作からリバースエンジニアリングしているだけですのでここで掲載する全ての情報が正しいとは限りませんが、私が見ている限りでは1.Connection Serverの設計はSecurity Serverを…

Connection Serverの冗長化

Connection Serverの冗長化の方法は3つ、4つ?あります。1.DNSラウンドロビン DNSによる振り分けですが、DNSはサービス死活監視をしてくれませんので 片方のサービスが停止すると、50%の確率でログインできない状態になります。 通常は、2拠点のそれぞれ…