読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ESX接続先スイッチの構成

システムの冗長性を確保のためサーバだけでなくネットワークスイッチの冗長性も確保するほうが望ましいでしょう。そのためにはSpanning-treeを設定するのも良いですがStackingケーブルを利用してニコイチにする方が実際に障害が発生した際にSpanning-treeの再計算がない分障害時に有利になると言えますが、ネットワーク機器はEOSL期間までにそうそう故障するものではないのでそこまで重要とは言えません。